放送業界速報ニュース
東日本大震災に関する政府への要望=完全デジタル化のための民放事業者の最終取組等‐民放連、理事会開き協議・報告事項承認
投稿日時: 04/22

 民放連は21日の平成23年度第1回理事会で次の協議・報告事項を承認した。

 一、東日本大震災に関する政府への要望等=東日本大震災対策会議を設置し、12日に第1回会合、19日に第2回会合を開き、政府への要望をまとめた。具体的には1.被災地の東北3県も含めてアナログ放送終了を全国一斉にやってもらいたいということ2.被災した放送施設に係る経費について3.緊急時の放送のための自家発電の燃料、放射線防護等について4.被災地の受信環境整備のための支援5.被災地の復興のための広報活動に国費を投入すること6.放送計画のための経営基盤の維持に係る支援?など。

 一、完全デジタル化のための民放事業者の最終取組等=1.デジサポ24ヵ所に24名の要員を派遣2.地デジ化声かけ運動の実施3.24日から地デジに関するPRを再開ーなど。

 一、WIPO著作権等常設委員会への代表派遣=6月15日から22日までスイス・ジュネーブで開催される委員会へ代表2名を派遣する。

 一、定時総会の議案=5月26日に開催する定時総会の議案は、平成22年度業務報告・決算報告、23年度予算補正について。

 一、放送計画委員長報告=周波数オークションに対する提案募集、放送法改正に伴う制度整備案についての意見募集などについての対応。

(全文は2011/04/22発行の「連合通信放送映画速報」に掲載)






この記事に関連した記事

放送業界速報ニュース

連合通信サイト内検索
  • 速報
  • 放送業界速報ニュース
  • 映画業界速報ニュース
  • 音楽業界速報ニュース
  • その他
  • 連合通信社について
  • 「月刊連合通信」最新号
  • 連合通信社について
  • 刊行物案内・購読申込
  • 連合通信社ホーム
連合通信:放送映画速報
連合通信:放送映画速報
詳細・購読申込み
連合通信:レコード速報
連合通信:レコード速報
詳細・購読申込み
芸能手帳
芸能手帳「芸能界紳士録」
芸能紳士録 “青本”の愛称で知られる芸能手帳「2013 芸能界紳士録」(税込9,450円)が好評発売中です。主な収録内容は、映画(邦画・洋画)、演劇、興行、放送局、レコード会社、ビデオソフトメーカー、映画・テレビ番組製作会社、音楽出版社・原盤制作会社、広告代理店、芸能記者、関連団体、プロダクション等を網羅。就活にも役立つエンタメ業界企業人名録の決定版、“青本"を是非ともご活用下さい!ご購入はこちら
芸能手帳「タレント名簿録」
タレント名簿録 「エンタメ業界のバイブル。テレビ等でお馴染みの“赤本”こと芸能手帳「タレント名簿録 VOL.47('12〜'13)」(税込9,450円)が好評発売中です。今、活躍中の俳優・タレント・歌手などを網羅し、2012〜2013年版は掲載者数も大幅に増加し、個人編に「文化人」、「作詞家・作曲家・編曲家」を設けてより使い易くなりました。」 ご購入はこちら