放送業界速報ニュース
4月新番組は基本的には合格点=年度のスポットシェア21・6%で過去最高-テ朝日早河社長、一般紙会見で現況等語る
投稿日時: 05/07

テレビ朝日の早河洋社長は4月27日の一般紙会見で現況などにつき要旨次のように語った。

一、新番組は、ドラマ6枠を含めて基本的にはほとんど合格点に達した。例えば「学べるニュース」とドラマ「臨場」という流れで水曜がポイントゲッターになりつつある。また、木曜も「おみやさん」と「同窓会」がいい流れだ。「同窓会」は井上由美子さんの脚本でサスペンスを織り込んだ世界を築いてくれている。日曜の23時「女帝」も含めいずれのドラマも個性的で中身も評価できる。刑事ものや警察ものが多いが、描かれているのは基本的に人間ドラマであるというのが特に女性層を中心に視聴してもらっている原因だと思っている。ただ、月曜から日曜までを見ると、火曜・土曜・日曜の19時台が不振である。この理由・事情はわかっているので段階的にクールごとに焦らずに改善していこうと思う。

一、「トリック」は、5月8日に劇場版が公開されるのに合わせて感謝祭を展開している。先週の日曜は劇場版の1作目。放送5回目だが13%台の視聴率というのは「トリック」ファンの興味に点火したと手ごたえを持っている。5月15日には「トリック」の新作のドラマスペシャルを放送する流れになっていて「トリック」ファンのご要望に目一杯こたえたい。
一、3月は、タイムが前年比で約80%、スポットが約108%、トータルでは94%前後で確定した。タイムはもともと昨年「WBC」と「サッカーワールドカップ予選」があり80%くらいと見ていたが、実際そのような感じである。スポットは2月と同様、「期余りの予算」の消化があり、活況を呈した。最終的には、タイムとスポットを合わせたトータルでは見込みを上回ることができた。年度のスポットのシェアが21・6%と過去最高を記録し、予算を達成したので、スポット営業部に社長賞を授与した。4月は、タイムが約96%、スポットが約105%、トータルでは約101%で推移している。スポットは回復基調だが、レギュラーのタイムセールスではカロリー面で苦戦した。昨年の「フィギュアスケート 国別対抗戦」の目減り分も大きい。一方、スポットは昨年同期が減収だったので、その反動で増えている。5月はまだこれからで、タイムは約99%、スポットは約72%、トータルでは約86%で推移している。タイムでは「キリンチャレンジカップ」と「トリックスペシャル」など大型物件があり増収が期待できる。102%は見えている。スポットは4月以上に市況が伸びており、やわらかいところを含めると107%を超える勢いである。

一、放送外収入については、「ちい散歩」が放送1000回を迎えたほか、「橋田賞」を受賞した。昨年秋に日比谷パティオで開催し、20万人の来場を記録した「大つけ麺博」だが、今回は六本木ヒルズで行い、合計1万7000食を売り上げた。好調なので札幌の大通り公園で6月から7月にかけて実施する予定。また、9月に都内では3回目を開催する予定である。既に終わったが「国宝 阿修羅展」が、イギリスの新聞「THE ART NEWSPAPER」で「1日平均1万5511人の来場者は2009年度に開催された展覧会で世界一だった」と認定された。ちなみに3年前に開催された「大徳川展」は9513人で世界第3位だった。「阿修羅展」は総入場者数が94万6000人で会場の新記録だった。それから、森アーツセンターギャラリーで4月17日から6月20日まで開催されている「ボストン美術館展」は大変好調で、4月25日までで入場者数が3万700人となっている。50周年記念番組の「ロンドンハーツで放送した「50TA」は、単独ライブを来月14日に行うがチケットは即日完売だった。「50TA」の1stアルバムはオリコンの週間チャートで9位にランクインし、4万枚以上売り上げている。映画は、「クレヨンしんちゃん」が4月17日に公開され現在43万人。2年前のレベルの108%なので13億円前後のヒットになりそうである。「ドラえもん」は1次興行を終了したが、51日間で30億5000万円。公開1週目から5週間連続で動員ランキングトップというヒットである。

一、現状では、3Dコンテンツ制作に関するノウハウの蓄積を重視している。例えばサッカーやプロレスなどのスポーツ番組を中心に3D映像のテスト収録を行っている。健康への影響を懸念する動きもある。テレビとしては相当慎重にガイドラインを作らなければならない。

(全文は2010/5/7発行の「連合通信放送映画速報」に掲載)






この記事に関連した記事

放送業界速報ニュース

連合通信サイト内検索
  • 速報
  • 放送業界速報ニュース
  • 映画業界速報ニュース
  • 音楽業界速報ニュース
  • その他
  • 連合通信社について
  • 「月刊連合通信」最新号
  • 連合通信社について
  • 刊行物案内・購読申込
  • 連合通信社ホーム
連合通信:放送映画速報
連合通信:放送映画速報
詳細・購読申込み
連合通信:レコード速報
連合通信:レコード速報
詳細・購読申込み
芸能手帳
芸能手帳「芸能界紳士録」
芸能紳士録 “青本”の愛称で知られる芸能手帳「2013 芸能界紳士録」(税込9,450円)が好評発売中です。主な収録内容は、映画(邦画・洋画)、演劇、興行、放送局、レコード会社、ビデオソフトメーカー、映画・テレビ番組製作会社、音楽出版社・原盤制作会社、広告代理店、芸能記者、関連団体、プロダクション等を網羅。就活にも役立つエンタメ業界企業人名録の決定版、“青本"を是非ともご活用下さい!ご購入はこちら
芸能手帳「タレント名簿録」
タレント名簿録 「エンタメ業界のバイブル。テレビ等でお馴染みの“赤本”こと芸能手帳「タレント名簿録 VOL.47('12〜'13)」(税込9,450円)が好評発売中です。今、活躍中の俳優・タレント・歌手などを網羅し、2012〜2013年版は掲載者数も大幅に増加し、個人編に「文化人」、「作詞家・作曲家・編曲家」を設けてより使い易くなりました。」 ご購入はこちら