放送業界速報ニュース
東京高裁が1株あたり1294円に決定=TBSHD、株式買取請求に関して
投稿日時: 07/09

 東京放送ホールディングスは7日、株式買取請求に関して東京高等裁判所が1株あたり1294円とする旨の決定を行ったことを発表した。

 株式買取請求については、平成21年4月1日に実施したテレビ放送事業及び映像・文化事業をTBSテレビへ承継する吸収分割に関連して、これに反対する楽天ほか1名の株主から会社法第785条第1項に基づく同社株式の買取請求を受け、同年5月1日付で東京地方裁判所に対して買取請求に係る株式について買取価格決定の申し立てを行った。

 これに対して、今年3月5日に東京地方裁判所において、買取価格を1株あたり1294円とする旨の決定がなされたが、楽天側がこれを不服として東京高等裁判所に即時抗告の申し立てをしたため、さらに価格決定の手続きが続いていたが、7日に東京高等裁判所において、東京地方裁判所の決定と同じく、1株あたり1294円とする旨の決定がなされたもの。

 なお、同社は、株式買取請求に関して今後裁判所における手続きが全て完了し、同社が支払うべき請求対象株式の買取代金総額の最終的な確定を待って、適切に対処していくとしている。

(全文は2010/7/9発行の「連合通信放送映画速報」に掲載)







放送業界速報ニュース

連合通信サイト内検索
  • 速報
  • 放送業界速報ニュース
  • 映画業界速報ニュース
  • 音楽業界速報ニュース
  • その他
  • 連合通信社について
  • 「月刊連合通信」最新号
  • 連合通信社について
  • 刊行物案内・購読申込
  • 連合通信社ホーム
連合通信:放送映画速報
連合通信:放送映画速報
詳細・購読申込み
連合通信:レコード速報
連合通信:レコード速報
詳細・購読申込み
芸能手帳
芸能手帳「芸能界紳士録」
芸能紳士録 “青本”の愛称で知られる芸能手帳「2013 芸能界紳士録」(税込9,450円)が好評発売中です。主な収録内容は、映画(邦画・洋画)、演劇、興行、放送局、レコード会社、ビデオソフトメーカー、映画・テレビ番組製作会社、音楽出版社・原盤制作会社、広告代理店、芸能記者、関連団体、プロダクション等を網羅。就活にも役立つエンタメ業界企業人名録の決定版、“青本"を是非ともご活用下さい!ご購入はこちら
芸能手帳「タレント名簿録」
タレント名簿録 「エンタメ業界のバイブル。テレビ等でお馴染みの“赤本”こと芸能手帳「タレント名簿録 VOL.47('12〜'13)」(税込9,450円)が好評発売中です。今、活躍中の俳優・タレント・歌手などを網羅し、2012〜2013年版は掲載者数も大幅に増加し、個人編に「文化人」、「作詞家・作曲家・編曲家」を設けてより使い易くなりました。」 ご購入はこちら