放送業界速報ニュース
前期売上高114億37百万円で民放BS中トップを維持=4・5月10億円超で今期売上高予算121億円-BS-TBS平本社長、前期総括・今期対応語る
投稿日時: 06/08

 BS-TBSの平本和生社長は6日の記者会見で前期の総括と今期の対応などにつき要旨次のように語った。

 一、2011年度は大変な1年だった。株主の支持を得て、東京放送ホールディングスの連結子会社となり、これまでの累損を一掃した。また、横浜ベイスターズの株式を売却し、特別利益に計上した。組織は本部制から局制にして権限を委譲した。東日本大震災の影響をどれだけ受けるか心配していたが、これを克服すべく全社一丸となって対応してきた。

 一、2011年度の売上高は114億37百万円で民放BS各局の中でトップを維持できた。売上高ナンバーワンは経営目標の1つである。デジタル元年の中で、いかにBSの存在価値を高めていくかなど、大きな経営課題もたくさんあったが、どうにか1年を切り抜けてきたと考えている。

 一、必ず競争が激化し、選択されるのが宿命であると、着任以来言ってきたが、想像よりも1年くらい早くなってきていると思う。今年度もスタートしているが、良いものを視聴者の皆さんに伝えていくという方針は引き続き堅持していく。
 
 一、今年度は4月、5月と売上高はそれぞれ10億円超で推移している。3月に初めて10億円を超えて、3か月連続10億円を超えている。スポットの伸びも良くなってきており、タイムも伸びている。今期の総売上げの予算は121億円で前期比106・4%。当社はBS各局の中で、制作費は50億円〜55億円とボリュームが大きい。視聴者の期待にどう応えていくかが大きな問題であり、それに応えるための新しい企画、充実した内容のための制作費をどう配分していくかだ。

(全文は2012/6/8発行の「連合通信放送映画速報」に掲載)







放送業界速報ニュース

連合通信サイト内検索
  • 速報
  • 放送業界速報ニュース
  • 映画業界速報ニュース
  • 音楽業界速報ニュース
  • その他
  • 連合通信社について
  • 「月刊連合通信」最新号
  • 連合通信社について
  • 刊行物案内・購読申込
  • 連合通信社ホーム
連合通信:放送映画速報
連合通信:放送映画速報
詳細・購読申込み
連合通信:レコード速報
連合通信:レコード速報
詳細・購読申込み
芸能手帳
芸能手帳「芸能界紳士録」
芸能紳士録 “青本”の愛称で知られる芸能手帳「2014 芸能界紳士録」(定価 本体9,000円+税)が好評発売中です。主な収録内容は、映画(邦画・洋画)、演劇、興行、放送局、レコード会社、ビデオソフトメーカー、映画・テレビ番組製作会社、音楽出版社・原盤制作会社、広告代理店、芸能記者、関連団体、プロダクション等を網羅。就活にも役立つエンタメ業界企業人名録の決定版、“青本"を是非ともご活用下さい!ご購入はこちら
芸能手帳「タレント名簿録」
タレント名簿録 芸能手帳「タレント名簿録」VOL.49 4月発売! 業界NO.1の信頼と実績。述べ18000の最新情報を網羅、「エンタメ業界のバイブル」、テレビ等でお馴染みの"赤本"こと芸能手帳「タレント名簿録VOL.49('14〜'15)」(定価 本体9,000円+税)が発売になりました。今、活躍中の俳優・タレント・歌手などを中心に収録、2014〜2015年版は使いやすさをモットーに、様々な部分で変更を行っています。 ご購入はこちら