放送業界速報ニュース
売上高130億77百万円、経常利益2億5千万円、純損失15百万円=テ大阪、代表取締役会上田、社長立岩、専務酒井氏ら
投稿日時: 06/09

 テレビ大阪は平成22年3月期決算と役員人事を内定、18日開催の定時株主総会に付議する。

 当期の個別の売上高は130億77百万円(前期比4・6%減)、営業利益1億30百万円(30・5%減)、経常利益2億50百万円(14・6%増)、当期純損失15百万円となった。

 また、連結の売上高は146億73百万円(5・2%減)、営業利益2億81百万円(28・5%減)、経常利益2億70百万円(21・2%減)、当期純損失75百万円となった。

 なお、役員人事は、上田克己社長が代表取締役会長、社長に立岩文夫副社長が昇任、専務に酒井悟朗常務、常務に米原暢男取締役が昇任、新任取締役に藤木雄三報道スポーツ局長、喜多恒雄日本経済新聞社社長、森下曉大阪市副市長、島田昌幸テレビ東京社長、芹川洋一日本経済新聞社常務執行役員、常勤監査役に田仲和彦監査役、新任監査役に村松孝訓日本経済新聞社内部監査室室員を内定した。竹田富美則専務、杉田亮毅取締役、菅谷定彦取締役、斎藤史郎取締役、川越亨常勤監査役は退任し、竹田氏はテレビ大阪サービス社長に就任の予定。

(全文は2010/6/9発行の「連合通信放送映画速報」に掲載)






この記事に関連した記事

放送業界速報ニュース

連合通信サイト内検索
  • 速報
  • 放送業界速報ニュース
  • 映画業界速報ニュース
  • 音楽業界速報ニュース
  • その他
  • 連合通信社について
  • 「月刊連合通信」最新号
  • 連合通信社について
  • 刊行物案内・購読申込
  • 連合通信社ホーム
連合通信:放送映画速報
連合通信:放送映画速報
詳細・購読申込み
連合通信:レコード速報
連合通信:レコード速報
詳細・購読申込み
芸能手帳
芸能手帳「芸能界紳士録」
芸能紳士録 “青本”の愛称で知られる芸能手帳「2013 芸能界紳士録」(税込9,450円)が好評発売中です。主な収録内容は、映画(邦画・洋画)、演劇、興行、放送局、レコード会社、ビデオソフトメーカー、映画・テレビ番組製作会社、音楽出版社・原盤制作会社、広告代理店、芸能記者、関連団体、プロダクション等を網羅。就活にも役立つエンタメ業界企業人名録の決定版、“青本"を是非ともご活用下さい!ご購入はこちら
芸能手帳「タレント名簿録」
タレント名簿録 「エンタメ業界のバイブル。テレビ等でお馴染みの“赤本”こと芸能手帳「タレント名簿録 VOL.47('12〜'13)」(税込9,450円)が好評発売中です。今、活躍中の俳優・タレント・歌手などを網羅し、2012〜2013年版は掲載者数も大幅に増加し、個人編に「文化人」、「作詞家・作曲家・編曲家」を設けてより使い易くなりました。」 ご購入はこちら